スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

越後の天神さま  「お菓子の窓からのぞいたら」第41回

  菱餅のお重ねが供えられた天神さま。(写真提供=三忠呉服店)  「天神さん 天神さん どこまでござった~」と、正月の天神さまを待つわらべ唄が残るのは旧加賀藩領域で、金沢などの旧家では、12月25日にドールハウスのような木製のお宮「天神堂」を飾り、正月を迎えました。  同様に、能登や越中富山、さらに越前福井にも、祀り方に違いはありますが、家庭で天神さまを祀る風習が残っています。  それは越後新潟でも同様で、高田、直江津、柏崎、刈羽、出雲崎では、天神さまを新暦1月にお祀りし、県中央部の地域では、旧暦1月25日(今年は2月21日)に近い2月にする家庭が多いようです。  県内でも天神さまの風習がよく残る柏崎では、中越沖地震をきっかけに、我が家の天神さまを見てもらおうと、毎年、有志30数軒ほどが公開しています。天神さまのいらっしゃる座敷にあげていただき、そのお宅の天神さまについていろんなお話が聞けるのが楽しくて、この時期になると出かけています。江戸末期からの家庭行事を今も続けているお宅がこんなにあるのかと、行くたびに驚いています。  柏崎の天神さまの魅力は、なんといっても、家々で祀り方に違いがあることです。共通なのは、正月と小正月をともに過ごすこと。お供えは、正月に鮭の一の鰭と鏡餅、おせちなど。 そして小正月には、まい玉・餅花用に餅を搗いたので、白菱餅のお重ねを供えたものでした。これは、宮中や社寺などの正月の飾り餅が、丸餅と菱餅を積み重ねる様式を思わせ、興味深く思っています。 最近人気の正月の和菓子に「花びら餅」がありますが、「菱葩」とも書き、日月・陰陽を表すとされる白丸餅と紅菱餅に、味噌餡とゴボウの蜜煮を一緒に挟んで半円にたたんだ菓子で、正月の重ね餅のおさがりをいただく趣向です。つまり、天神さまに鏡餅と菱餅を供えることは、花びら餅のルーツにも通じていそうです。さらに、まい玉・餅花は星を表すともされ、餅で日月星・天地を祝う、天の神さま、年の神さまの空間が、家々に出現していたことになります。 天神さまへのお供え料理が塩辛かったことで、「天神さんが病気になるねか!」と舅に叱られた嫁の話を聞いた時、私には柏崎の嫁は勤まらないな、と思いましたが、そういう思いで天神さまに接する家長がいたからこそ、今も行事が受け継がれているのでしょう。  この天神さま行事を2月24日の宵宮や25日にす

最新の投稿

鍛冶屋の剣と蔵の鍵  「お菓子の窓からのぞいたら」第40回

鳥のあそぶ蓬莱山  「お菓子の窓からのぞいたら」第39回

最中の月  「お菓子の窓からのぞいたら」第38回

辻占とパピヨット  「お菓子の窓からのぞいたら」第37回

冬の魔者  「お菓子の窓からのぞいたら」第36回

朔と祓  「お菓子の窓からのぞいたら」第35回

はっちょう紙と鏡餅   「お菓子の窓からのぞいたら」第34回

大坂の陣と「冬夏」  「お菓子の窓からのぞいたら」第33回

銀貨とパイプ  「お菓子の窓からのぞいたら」第32回 

「はっちょう紙」と鏡餅

「かせいた」と「マルメラーダ」  「お菓子の窓からのぞいたら」第9回 

砂糖人形の型 「お菓子の窓からのぞいたら」第5回 新潟日報2016年5月5日掲載

「アルフェニケ」の歴史 「お菓子の窓からのぞいたら」第4回

ちちらあと 「お菓子の窓からのぞいたら」第31回